指輪編 についての記事一覧- ページ 2 / 3 - 結婚準備ガイド 指輪編

HOME » 指輪編

指輪編

結婚指輪が抜けないときどうする?

結婚指輪が抜けない

結婚指輪を購入するときはちょうどいいサイズを購入するため、付けたり外したりは自由にできます。
しかし何らかの理由で結婚指輪が抜けないといった事態もよく起こります。
その理由は結婚指輪購入後に体型が変わり、指が太くなることのほか、むくみによって一時的に指が太くなることなどです。
このような事態になるとリングのサイズより指が太くなり、結婚指輪が抜けないといったことも起こるのです。
≫ 『結婚指輪が抜けないときどうする?』

手作り指輪を用意する期間

結婚情報誌や結婚情報サイトを見ると、自分たちの手を加えた手作りの結婚指輪を作れる専門の工房が増えてきていますが、この傾向はいつからはじまったのでしょうか?
高級ブランドショップで既製品を購入する場合、だいたい25万円から35万円程度が相場になっており、給料の1カ月分か少し多いくらいが当たり前になっています。

高級ブランドショップで販売されている既製品やオーダーメイドしたものも熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが手掛けた手作り指輪で、クオリティは非常に高いのですが、先程もお伝えしたように相場はやや高めになっています。
そういった用意するうえでのデメリットもあってか、専門の工房が人気を呼んでいます。
また自分たちも作業に参加することによってそれが大きな思い出となりますし、結婚してからも指輪を見る度にそのときのことが頭に浮かぶはずです。

それでは専門の工房で手作り指輪を用意する場合、どれくらいの期間がかかるのでしょうか?
これは工房によって少し違いますが、一般的に1か月から2か月程度の期間で完成するところがほとんどです。
自分たちも作業に参加すると言っても、すべての工程に参加するわけではなく、仕上がりに影響するところは熟練の技術を持ったプロの職人スタッフがやります。
ですから、仕上げの部分にかかる時間が長くなるようなデザインだとやや長めの期間を設定しますし、この点はオーダーメイドと同じです。

専門の工房で作る手作り指輪はオーダーメイドの最初の部分だけ自分たちが参加するイメージでいると分かりやすいかもしれません。
もちろん金やプラチナなどを使った本格的な手作り指輪が作れますし、工房によってはアフターメンテナンスもしっかりしているところがあるので、利用するならそういった工房がおすすめです。
近年工房自体が多くなっているので、まずはいろいろな工房のホームページをチェックしてどのような流れで手作り指輪を作っていくのか調べてみてください。

手作り指輪を準備

結婚指輪はに手作り指輪を用意したいと考えるカップルが多くなってきており、自分たちも参加できる専門の工房では予約がたくさん入っているそうです。
もともと高級ブランドショップで販売されている指輪やオーダーメイドしたものも手作り指輪であることには変わりありませんが、結婚するしせっかくだから自分たちの手を加えて準備したいと考えるカップルが増えており、それが予約を多くしている要因となっています。

指輪を準備するうえではじめにやることはどんなデザインにするか、またどれくらいのコストがかかるのかを明確にすることで、この点が決まったら本格的にスタートします。
デザインは一般的にはストレートタイプ、V字タイプ、S字タイプの3つが知られており、この中から選択することがほとんどです。

そして結婚指輪は普段身に付けるアクセサリーのように外出する時だけつけるものではなく、結婚してからも普段から身に付けていることが多いのでその点も想定して考えなければいけません。
ですから自然とシンプルなデザインになりますし、あまりゴージャスなデザインにしてしまうと劣化が目立ちますからおすすめできません。

コストをどれくらいかけられるのかは人によって違いますが、値段既製品やオーダーメイドよりも専門の工房を利用したほうが安くできるケースがほとんどです。
既製品を購入するときの相場がおよそ25万円から35万円程度なのに対し、手作りの場合はその半分程度になります。

デザインやかけられるコストが決まったら次はどこの工房で手作りするかを決めますが、これは工房のホームページをいくつか見て回ると分かりやすいでしょう。
ホームページでは実際に利用した人の口コミもチェックできますし、お客さんの作業工程を掲載しているところもありますので、とても参考になります。
どこの工房を利用するか決まれば予約をしてその日に工房へ向かいます。
専門の工房で手作り指輪を作る場合、このような流れで準備を進めて行くとスムーズになります。

手作り指輪の評判

結婚を迎えるカップルの中にはこれから指輪を準備するという人も多いと思いますが、結婚情報誌や結婚情報サイトを見ると専門の工房で自分たちも作業に参加して手作り指輪を作ったというカップルがたくさんいるそうです。
これまで結婚指輪と言えば高級ブランドショップで既製品を購入したり、オーダーメイドをするのが一般的で、実際に作業に参加して手作り指輪を用意するカップルはそれほど多くありませんでした。

また、そういった手作り指輪はクオリティが低いのではないかという評判もありましたし、それよりもきちんと職人が一から手作りしたもののほうが安心という声のほうが多かったのも事実です。
しかし近年自分たちも作業に参加して手作り指輪を作るカップルが増えているのは、そういった評判が覆されてきているからで、専門の工房では予約待ち状態になっているところも少なくありません。

高級ブランドショップの既製品にしても、オーダーメイドにしても熟練の技術を持ったプロの職人スタッフがしっかり手作りしているので、クオリティは非常に高く高級感もあります。
ただ、専門の工房でもそれに負けないくらいのクオリティの手作り指輪が作れるところが増えており、実際に体験した人に話を聞いても評判はとても良かったです。

その理由としてあげられるのがすべての作業工程に参加するのではなく、仕上がりに影響する部分はプロの職人スタッフがしっかりサポートしているからで、出来上がりは既製品と変わらないクオリティになります。
さらに使われている素材も金やプラチナなどの本格的なものですし、ダイヤモンドやルビーといった高級感を演出できる石もつけられます。
加工法やデザインも一から選べることから、自分たちの手を加えたオリジナルの結婚指輪を作れるというところに魅力を感じているカップルが多いのです。
もし自分たちもやってみたいということであれば、まずは専門の工房のホームページをいくつか見てみるといいでしょう。

手作り指輪の思い出

結婚に向けて準備を進める中、指輪選びはとても重要なことですが、今若い世代を中心に専門の工房で手作り指輪を作るカップルが多くなっているそうです。
もともと高級ブランドショップで既製品を購入したり、オーダーメイドをするカップルは多かったのですが、実際に自分たちも作業工程に参加することによっていろいろなメリットがあります。

中でももっとも大きいのは二人で一緒に作業をした思い出で、これは結婚を控えるカップルにとってかけがえのない時間になるでしょう。
高級ブランドショップで売っている既製品やオーダーメイドした指輪も熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが手掛けた手作り指輪なので、クオリティは非常に高く選択肢としては現在もそこが一番多いのは間違いありません。
しかし自分たちも一緒に作業工程に参加することによって、また違った感覚で結婚を迎えられますし、より自由度の高い手作り指輪を作ることができます。

実際に体験した思い出を聞いてみると、まずは素材や石などをどんなものにするか決めて、加工法やデザインなどもスタッフと打ち合わせしながら決めていったそうですが、やはり考えている最中でお互いの意見が噛み合わなかったりすることはよくあったそうです。
ただ、それも良い思い出として残っていると答える人が多く、お互いの求める部分をすり合わせていって考えるのも楽しかったそうです。
これは既製品を買ったりオーダーメイドするときのように、すでにあるものの中から選ぶというよりは自分たちで積極的に意見を出し合って考えるからこそ生まれる感覚でしょう。

同じ手作り指輪でも既製品は出来上がったものの中から選びますし、オーダーメイドもある程度揃っているものの中から選んでいきますから、どちらかと言えば「考える」より「選ぶ」という感覚が強くなります。
その点専門の工房で手作り指輪を作るのは「考える」時間のほうが多くなりますので、結婚を控える二人にとってより強く思い出として心に残るのではないでしょうか?

指輪はシンプルに

ウェディングはこれから二人が夫婦となり、ともに生活していくことを誓い合う大切な場面となります。
そんな特別な時間を色濃くするためには、納得できる準備をしていかなければなりません。
中でもウェディングのための指輪はどのカップルも思い入れを込めたいと考えているでしょうし、できるだけこだわりたいはずです。
指輪は実際に式でも使われますし、指輪交換は盛り上がりが最高潮に達するところですから、そこで使うものはお互いが納得できるものにしたいものです。

しかし指輪はウェディングのみで使われるものではなく、終わったあとも日常生活でつけていくことが多いですから、デザインには注意しなければなりません。
よく特別な場所で使うものだからできるだけゴージャスにしたいという人がいますが、結婚指輪はファッションアイテムではなくお互いの愛を誓い合った証となるものですから、その点も意識して選ばなければなりません。

しかも日常生活でもつけているとなると、あまりゴージャスにし過ぎてしまうのも考えものです。
ゴージャスなデザインは最初は見た目も華やかでいいかもしれませんが、継続してつけているとだんだん劣化してきますし、それが目立ちます。
いくら金やプラチナなどを使った高級感ある指輪でも毎日つけていれば当然劣化してきますから、できるだけシンプルなデザインのほうが目立たなくていいでしょう。
一般的にもシンプルなデザインが好まれる傾向にありますし、シンプルなデザインなら経年劣化も目立ちにくく、長年つけていても違和感を感じる心配はありません。

また、シンプルなデザインだからこそいつものファッションを邪魔しないメリットがあり、どんなファッションをしていても場違いになりません。
結婚すればいろいろなところに出向くことも増えますし、そういったときにふさわしい服装も求められますが、ゴージャスな指輪だとそういった場面で浮いてしまう心配もありますので、シンプルなほうが何かと便利なのです。

指輪のデザイン

ウェディングで欠かせないアイテムと言えば指輪があげられますが、中でもデザインはもっとも気を遣うところだと思います。
ウェディングのための指輪は特別ですし、結婚式だけでなくずっと身に付けることも多くなりますので、二人で納得できるデザインに決めてください。

指輪のデザインには大きく分けて3つのバリエーションがあって、それぞれ特徴があります。
まずひとつめはストレートタイプのもので、これはもっともシンプルでスタンダードなデザインとなります。
結婚指輪は普段使いのアクセサリーとは違って必要なときだけつけるものではなく、毎日つけていても良いものが好まれる傾向にありますから、できるだけシンプルなデザインでそこに少し個性を加えるといったものがおすすめされています。
ストレートタイプの指輪は加工もしやすいですし、丸みのある優しいイメージを与えてくれますので、万人受けしやすいと言えるでしょう。

ふたつめはよりスタイリッシュさを追求したい人におすすめのV字タイプで、これは角度によってイメージを大きく変えられますから、いくつか試してみてしっくりくるものにするといいでしょう。
たとえばオーダーメイドや専門の工房で作る場合にはあらかじめサンプルを用意してもらって、試着してからデザインを決めると失敗しにくいと思います。

最後に指が太かったり短いといったコンプレックスを抱えている人も多いと思いますが、そういった人におすすめなのがS字タイプです。
S字タイプの指輪は緩やかなウェーブになっているので指をスラっと長く見せてくれる効果があり、柔らかな女性らしいイメージを演出できるので女性からの支持が高くなっています。
もちろん男性がつけても大丈夫ですから、二人でS字タイプをそろえるのもまったく問題ありません。
このようにウェディングのための指輪はデザインにいくつかバリエーションがありますので、自分たちの好みに合わせて選ぶといいでしょう。

指輪の相場

ウェディングに向けていろいろな準備をすると思いますが、その中でも指輪の準備はとても大切になります。
結婚指輪はウェディングの象徴のようなアイテムですし、これから結婚式をするのであれば指輪の交換はもっとも注目を集める見せ場になるでしょう。
そういった特別なアイテムだからこそ、準備にも入念に時間をかけるでしょうし二人でどんな素材やデザインにするのか話し合っていくうちに結婚するんだなと実感するのではないでしょうか?

ただ、指輪を準備するときに気になるのがかかってくるコストで、結婚は何かとお金がかかりますし式や披露宴、新婚旅行などを計画しているのであれば余計にコスト面のことを意識しておかなければなりません。
そこで今回は20代、30代の若い世代がウェディングのときに用意する指輪はどのくらいの値段が相場なのかアンケート結果を紹介していきたいと思います。

はじめにもっとも多くの割合を占めたのが10~20万円未満で、その割合はおよそ41.5%となりました。
次に多かったのが20~30万円未満を答えたカップルで、その割合はおよそ21.5%となりました。
つまり10万円から30万円未満の指輪を購入したカップルが全体の60%程度になるということなので、20代、30代の給料1カ月分からその3分の1程度のコストをかけていることが分かります。

そのあとは10万円未満が17.3%、30~40万円未満が9.5%、40~50万円未満が5.0%、50~100万円未満が4.3%、100万円以上が1.0%という結果になりました。
この割合を見てみると相場はだいたい15万円から25万円程度の間くらいであることが分かりますので、このあたりを基準に考えてみるといいかもしれません。

しかしここで紹介している数字はあくまでも相場であって、必ずこのくらいのコストをかけなければいけないというわけではありません。
幸せの形は指輪の値段で決まるわけではありませんから、それぞれにあった値段のものを選ぶのが一番です。

ウェディングリングを二人で

ウェディングに向けてリングを用意したいけどどんなものにしようか迷っている、そんなカップルも多いと思います。
ウェディングのためのリングと言えば、一般的に高級ブランドショップで既製品を購入するのがスタンダードとなっており、二人でいろいろなブランドを回って自分たちに合ったものを選んだりお気に入りのブランドのリングを買ったりするでしょう。
高級ブランドショップで扱っているリングは熟練の技術を持ったプロの職人スタッフが丁寧に作っているので、クオリティも高いですし金やプラチナを素材にしてダイヤモンドを使ったり高級感ある仕上がりになっていますから、ウェディングにもぴったりです。

また、オーダーメイドするカップルもいて、二人で一緒にどんなデザインのリングにするのか考えて作ってもらうところもあるみたいです。
オーダーメイドなら既製品とは違って誰かと被る心配もありませんし、世界にひとつだけのオリジナルリングになりますから、二人だけの個性を出したいというカップルにはおすすめです。

ただ、高級ブランドショップで既製品を購入する場合にしても、オーダーメイドにするにしてもコストが高くなるのがデメリットで、この部分にこだわらないのであればいいかもしれませんが、コストをできるだけ抑えたいのであれば近年注目されている参加型の手作りリングが作れる工房を利用するのもいいかもしれません。
この専門の工房は実際に二人で工房へ行ってリングを作る工程に加わりますので、自分たちで作ったという感覚がとても強く残ります。

よく観光地などでオリジナルアクセサリーを作れる体験教室のようなところがありますが、そういったところとは違って、使われる素材も金やプラチナといった高級ブランドショップと同じようなものを使えますし、ダイヤモンドやルビーをあしらって高級感ある仕上がりにすることも可能です。
しかもコストは高級ブランドショップで購入するよりも安く抑えられるので、コスト面を気にするならおすすめです。

ウェディングリングを手作り

これから結婚を控えるカップルにとって、ウェディングリングはとても意味のあるアイテムだと思いますし、入念に時間をかけて選びたいと考えているのではないでしょうか?
結婚は人生のターニングポイントとなるだけでなく、新しい家族を持ち責任感も増しますから、その証となるウェディングリングは自分が結婚することを強く意識させてくれます。

そのような重要なアイテムですから自分たちの納得できるものを用意したいものですが、今若い世代を中心に自分たちも作業工程に加わって手作りしたいというカップルが増えているそうです。
もともと高級ブランドショップで既製品を購入するのがスタンダードだったのですが、インターネットの大幅な普及も影響してか以前よりも選択肢が増えたことによりこのような流れになったのではないでしょうか。
高級ブランドショップなどで販売されている既製品やオーダーメイドの指輪も職人の手が加わっているので、厳密に言えば手作りになるのですが、こういった考えを持っているカップルは自分たちの手が加わっているかという部分がとても重要になるみたいです。

ウェディングリングを手作りできる専門の工房もあって、そこでは熟練の技術を持ったプロの職人スタッフがしっかりサポートしてくれますから、出来上がったものがイメージと異なるということもほとんどありません。
作業工程に入るにあたって、素材や石、デザインや加工などを打ち合わせで決めますし、そのバリエーションも豊富なので今後そういった形で指輪を準備するカップルは増えるのではないでしょうか?

こういった形で手作りすることの大きなメリットは何と言っても一緒に同じ体験をしたという点で、これは結婚したあとでもずっと思い出として残りますし、年月が経ってふと指輪を見たときに当時のことを思い出して語り合うことができます。
そうした愛を深める時間としての意味もありますし、料金も比較的安いので工房での手作りはおすすめです。