結婚指輪をペンダントにする - 結婚準備ガイド 指輪編

HOME » 指輪編 » 結婚指輪をペンダントにする

結婚指輪をペンダントにする

結婚指輪は常に身に着けておかなければいけない?

一般的に結婚指輪と言えば日常的に身に着けておくものというイメージがあるかもしれませんが、様々な事情によってそれが難しいケースもあります。

たとえば仕事の関係でアクセサリーを身に着けられない場合、仕事の時間だけ外しておかなければなりません。

なくしてしまうといけないので購入したけど普段は身に着けずにしまっているという人も多いみたいです。

絶対に身に着けておかなければならないという決まりがあるわけではありませんが、中には本当は身に着けておきたいと考えている人もいるでしょう。

ペンダントにするという選択肢もある

そこでおすすめしたいのが結婚指輪をペンダントにする方法で、これなら首から下げておくことができるため、外れてなくしてしまう心配もありません。

手を使う仕事だとどうしても結婚指輪を身に着けられないというケースもありますが、ペンダントならシャツの中にしておけば目立ちません。

また、アクセサリー全般がNGな場合でもペンダントであれば休日に身に着けるアクセサリーとして使ってもなくしてしまうリスクは指輪より低いです。

そのため、結婚指輪をペンダントにするためのチェーンにもこだわる人もいるみたいです。

ペンダントありきで結婚指輪を用意する

はじめから日常的に身に着けることができないと分かっていることを想定し、ペンダントトップとして購入する人もいます。

この場合、首から下げたときのバランスも重要になりますし、チェーンをどのようなデザインにするかもポイントになります。

たとえばプラチナリングにするのであれば、色や素材もそれに合わせたほうが良いので、チェーンもプラチナにするのがおすすめです。

最近では手作り結婚指輪を作れるアトリエが流行っていますが、こういったところではペンダントにすることを踏まえて作ることができるところも多いみたいです。

まずはいろいろと情報収集をしてみましょう