結婚指輪の材料 - 結婚準備ガイド 指輪編

HOME » 指輪編 » 結婚指輪の材料

結婚指輪の材料

結婚指輪の材料

結婚指輪を選ぶときに材料も自分で選べる場合は多いです。
まったく同じデザインの指輪でも材料が違うと雰囲気が変わりますから、それぞれの仕上がりを見て一番気に入ったものを選べるのです。
また、材料によって特徴も変わります。
それを含めてどれにするかを決める方も多いです。

結婚指輪でよく使われる材料

結婚指輪で非常によく使われる材料が二種類あります。
プラチナとゴールドです。
どちらも希少価値が高く、結婚指輪の素材に使うにはぴったりですから、多くのショップや工房でこれら二種類は選べることが多いです。

なお、ゴールドは純金のゴールドではなく、別の素材を足したゴールドの中で選ぶ形となりがちです。
ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドなど、足した別の素材によって色合いも変わっていることが多いですから、好みの色を選ぶといいでしょう。
プラチナの場合も色は変わっていませんが、純度100%にすると強度が弱まるため、別の素材が使われていることが多いです。

このような特徴があるのですが、どちらも結婚指輪の定番の材料となり、これらが選ばれるケースもかなり多いです。
どの材料にすればいいかわからなかったり、特に希望がなかったりするときはプラチナかゴールドにするといいでしょう。

ほかにも選べる結婚指輪の材料

定番となる材料以外のものだと、たとえばジルコニウムといったものがあります。
強度が強くて頑丈な指輪になるほか、加工によって鮮やかな色に発色させられるのが特徴です。
金属アレルギーの方にもおすすめの指輪です。

チタンという材料もあります。
非常に強度が強い材料になり、完成した結婚指輪も頑丈になります。
さらに軽い素材ですから、軽い指輪を希望する方にはおすすめです。
ジルコニウムのように特殊な発色も可能ですし、金属アレルギーも起きにくい材料です。

タンタルという材料もあります。
大きな特徴はその色で、この素材で作ると黒い指輪となるのです。
プラチナやホワイトゴールドのような白い指輪ではなく、シックで落ち着いた黒い指輪が欲しいならタンタルを選ぶといいでしょう。
このように結婚指輪の材料にはいろいろなものがあります。